トップ   社員紹介   T.A. 営業 部長

2011年中途入社 T.A. 営業 部長

現在の仕事内容

現在、営業一部の部長として3つのグループのマネジメントをしています。

一つ目が、ISP法人営業のグループです。現在、ASAHIネットの会員である約3万3千社以上の法人お客様のフォローアップはもちろんのこと、新規のお客様やパートナーを増やすための営業活動を積極的に行っています。

二つ目は、2015年に立ち上げたばかりのクラウドカメラソリューション事業を推進するグループです。デンマークに本社を置く業界最大手のパートナーと提携し、国内初のクラウドカメラソリューションを企画・開発・推進しています。

三つ目が電話で新規会員申込みを行うグループです。社内ではお申込ダイヤルと言われており、個人、法人問わず、新規のお客様に対して最適なプランをコンサルティングしながら末永くASAHIネットをご利用頂くためのコミュニケーションをとっています。

私のモットー

様々な経験を通して私なりに学び、その中で大事にしていることは、プライドを捨てる苦しさよりも、一流を目指す苦しさの方がよっぽど楽だという事でしょうか。つまるところ、何事にも謙虚な姿勢で臨むということです。

前職で、「守破離」という思想を学ぶ機会があったのですが、やはり何事も「守(まずは師匠の言われた型を守って修行をはじめる)」から始まるものだと思います。謙虚に真似るということですね。

次に「正しいことを、正しく行う」ことを心がけています。私は分野の違う3社を経験しており、また3社目の朝日ネットでも入社後は「manaba」に携わり、現在はISPに携わっています。たまに「大変じゃないですか?」と聞かれることがありますが、常に正しいことを、正しく行っていれば大きく間違う事がないのは確かです。特に困った時、トラブルが発生した時など判断に悩む時は、小手先で乗り越えたり、ごまかしたりしようとはぜずに、正しいことを正しく行うことを心がけています。

失敗・挫折の経験

毎日が失敗の連続です。出張する際に航空券のチケットの行先を間違えて予約している様なレベルの話から、ここでは言えないような事までもう様々です(笑)。
私の場合は、失敗や挫折をしたら、その時は無論猛省する訳ですが、その数年後には面白話のネタにする様にしています。人生、紆余曲折あった方が間違いなく強くなれますし、魅力も増すように思います。

朝日ネットの特徴

私が大学卒業後に就職したのは銀行でした。当時で4万人弱の行員がいたかと思います。次に、インターネット広告代理店を経験しました。入社時で3百名、退社時には1千名程の企業体に急成長していました。そして3社目が現在いる朝日ネットです。規模にして100名強の企業体です。

3社経験して一番実感できることは、1/40,000の私と、1/1,000の私と、1/100の私とでは、任される仕事も、チャンスと出会える機会も、チームの中で一緒に働く達成感や充足感も、全く違うということです。これは、人によって価値観が違うので何が正しいという訳ではありませんが、私の場合は「カイシャ」をダイナミックに感じることのできる朝日ネットは最高の環境だと思っています。

チャンスについてもう一つ。私も2015年から新規事業を手掛けていますが、これは社内で特別な事でも、特別な人にだけ許されているものでもありません。私は、全員に、そして平等にこの機会はあると思っていて、事実、色々なメンバーが大小様々なレベルで挑戦をしています。自ら道を開こうとする挑戦に対しては、厳しくもあたたかく見守ってくれるのが朝日ネットの特徴だと思います。

どんな学生に会ってみたいですか

行動を自ら起せるような気概を持った方と会いたいですね。行動の先に初めて何かが生まれます。突然ではなく、日々の小さな努力の積み重ねからチャンスはうまれますので、そういった事ができる人と同じチームで仕事をしたいと思っています。

小さな努力の積み重ねはなかなかしんどいものですが、どのような環境や境遇でも、また、何事にもその人なりの楽しみや達成感、満足感に気づけるようない人、感じられるような人は、事実どのような仕事を任せても結果を出せる人が多いです。

困難な課題や逆境に対して「成長してまうやろー」と思える人と出会いたいですね。私も心の中で毎日にように「成長してまうやろー」と呟いています。