トップ   社員紹介   Y.Y. システム(開発)

2012年入社 Y.Y. システム(開発)

入社を決めた理由

朝日ネットは、古くからあるISPとのひとつということで、その存在はかなり前から知っていました。また、私が大学生の時に所属していたサークルのOBの多くが朝日ネットの社員として勤務していることもあって、大学2年生のときに朝日ネットでアルバイトを始めました。アルバイトを始めたばかりの頃は、私がもともと持っていた計算(計算機)で世の中に貢献したいという想いを、仕事を通して実現出来ればいいなぁ、と漠然とイメージしていました。
その漠然としたイメージは、朝日ネットで勤務を続けていく中で確信に変わり、就職活動を始める頃には、就職先の企業として選択肢の一つとなっていました。
就職活動で朝日ネットを含め様々な会社の研究をしました。自分自身が仕事を通して社会貢献できることと、それを実現できる環境が整っていること、そんな自分の想いを面接で理解してもらえたこともあり、この会社で社員として社会に貢献し続けようと決心しました。

システム構築で貢献できる仕事

入社してからこれまで一貫してシステムの開発に携わっています。ISP関連のシステム開発部門ではASAHIネット会員が使用するWEB窓口と提携業者との連携システム、各種申し込み手続き管理システムの構築を担当しました。教育支援システムの開発部門では、システムの企画段階からプロジェクトメンバーとして参加し、リアルタイムアンケート機能、統計機能などの実装に携わりました。

現在は、社内システムのOSとして使用しているDebianのパッケージング等も行っています。

仕事の中でやりがいを感じるのは、自分が構築したシステムを「社外のお客様」や「社内のお客様」に使ってもらえることです。「お客様が快適に利用できるシステムを提供する。」今後も仕事を通してこんな形で貢献し続けていきたいと考えています。

進むべき道

入社して5年たち、私も中堅社員という立場になりました。システム開発という仕事の中で私の進むべき道は2つあると考えています。ひとつは技術的に主導・指導するエキスパート。もう1つは、開発を推進するリーダー。どちらの道に進むべきなのか、正直まだ模索している毎日です。なかなか答えが出せていないのは、日々の仕事の中でやりがいを実感できているからだと思います。

しかし、悩むだけでは自分の成長が止まってしまいます。悩みながらも、自分のステップアップの為に、進むべき道を模索しながらも前に進んで行きたいと思います。

プライベート

趣味は朝日ネットが使っているDebianをはじめとするFLOSSに関連する活動です。休日は定期的にDebian勉強会や関連するイベントに積極的に参加しています。イベントは全国各地で行われているので、休日は忙しくし飛び回っていることもしばしばです。ネットワークでつながっている仲間たちとの、直接の交流も自分にとってはいい刺激になっています。

イベント参加以外では、自宅でDebianや他のFLOSSのボランティア作業などをして過ごしていることが多いです。自分が必要になったプログラムを書いたり、Debian向けにパッケージングしたりしています。

学生のみなさんへ

就職活動における面接では、学生時代に取り組んできたことや志望動機などを自分の言葉で伝えることが求められます。その面接の中でコミュニケーション能力の有無を判断されているのです。学生時代にどんなに研究に打ち込んでいても、どんなに熱い気持ちがあっても、それを言葉に出来なければ相手には伝わりません。また、コミュニケーション能力は社会人になった後も必ず必要になってくる能力の1つです。就職活動だけのためではなく、将来の自分のために、伝える力に磨きをかけてみるといいと思います。

1日のスケジュール(代表的な一日の流れ)

9:55
出社
10:00
朝礼
StandUp記入(その日のタスクをWeb上に記録して同僚・上長と共有する)
開発(プログラミングなど)
13:00
同僚と昼食
14:00
開発
17:00
他部署の人とミーティング(案件の仕様を調整する)
17:30
掃除
17:45
開発
17:45
開発
他部署の人と立ち話をする(最近困っていることなどを聞く)
20:00
退勤