トップ   仕事内容   営業、マーケティング

営業、マーケティング

インターネット接続サービスの法人営業


朝日ネットのインターネット接続サービスは、個人のお客様に留まらず、33,000社を超える法人のお客様にもご利用いただいています。

人が利用するインターネット接続に留まらず、Machine to Machineの用途で契約数が伸びている点は、ここ数年のトレンドです。また、従来の固定回線に加えて、モバイルの提案シーンもかなり増えており、IoT社会の到来が社にとって大きなビジネスチャンスとなっていることを実感しています。エンドユーザーからの問合せや引き合いはもちろんですが、サービスやソリューションを作りこむタイミングでメーカーやSIerと一緒にプロジェクトを進める機会が増えています。朝日ネットの営業スタイルも「単純なインターネット接続の販売」から、「利用シーンや用途をに応じた最適なソリューションをご提供する提案型営業」に大きく変化してきています。

インターネットに接続することが当たり前の社会になっているからこそ、私たちはインターネットを活用したより良い社会に実現に日々取り組んでいます。黎明期より積み上げてきたインターネット接続に関わるノウハウと、お客様の課題や困難に一緒になって取り組む実行力が求められる仕事です。

教育支援システム「manaba」の営業

大学など国内の教育機関に対して、クラウド型教育支援システム「manaba」を活用して、学びの場を豊かにするための方法を提案し、導入・運用サポートを行うのが主な仕事になります。
大学関係者にアポイントメントをとって訪問し、「manaba」について説明したり、大学が抱える教育指導の課題などをヒアリングしていきます。お客様の抱える課題を把握し、多様な解決策をいかに提案していけるかがカギとなります。
「manaba」は現在250を超える教育機関において、54万人以上の学生・先生・教職員の皆様に利用して頂いています。そこで実践された様々な教育の取り組みやノウハウが蓄積されていることは、当社にとって大きな強みとなっています。
「manaba」を利用することで、アクティブラーニングや反転授業を実現し、学生の主体的な学びを引き出すことで、学びの場を豊かにする支援ができることは、この仕事の魅力の一つです。

マーケティング

マーケティング部門では、当社のインターネット接続サービスを一人でも多くのお客様に使っていただくこと、そして、使い続けていただくために、様々なマーケティング活動を行っています。
たとえば、お客様ニーズの変化を踏まえて、新しいサービスを企画、提案すること。リサーチを通じて、お客様の声を把握するだけでは足りません。広く世の中の動きを洞察しながら、お客様がまだ声にできていない「想い」を、サービス化するべく、想像力を働かせ、仮説立てをし、サービス開発に活かしていくことが重要です。そして、そのサービスを販売するために、キャンペーンなどのプロモーションを企画し、実行しては、その効果を検証し、次の仕事に活かす、その積み重ねになります。お客様のニーズをつかみ、企画~提案~検証を繰り返すことで、お客様に本当に喜んでいただけるサービスを一つ一つ形にしていきます。
この仕事の特徴としては、世の中の動向やお客様ニーズを把握、分析する客観的な視点と、お客様の問題を解決するために様々なアイデアを考え出す創造的な視点の双方が求められるところです。マーケティングの仕事は、自分達が考えた戦略と、それに基づいて実施した施策が、正しかったかどうか、お客様に喜んで貰えているのかどうかが、ダイレクトに数字として把握できる点は、この仕事の面白いところです。